<button id="bc82w"></button>

            1. <div id="bc82w"><tr id="bc82w"><object id="bc82w"></object></tr></div>

                  1.  毎回、土曜日と日曜日に、取材に出ている?#21462;?#20241;暇というものがないと気付く。それでも、子供が大きくなるとそれほど不便は感じない。むしろ、小旅行のようで楽しくなる。地下鉄の出口から、JRの改札口から若者達が、続々と出てくる姿は圧巻だ。大阪弁や名古屋弁が、街?#29289;wび交うこともある。そうだ、ここは東京のど真ん中である。原宿の神宮前交差点にいる。しかも、交差点を見渡せる一等地に陣取っている。私は、動物園の熊のように丸みを帯びたガラス窓から見られている。

                     残念ながら通りすがりの人たちは、入園料を払っている訳でもないので、チラ見するだけで通りすぎていく。私は、5枚つづりのチケットの最後の一枚を使って、ホッ?#21435;暢`ヒーを飲んでいる。じーと通行人を凝視している男がいる。獲物を狙う眼で、立っている。ちょっ?#21435;伐慳欷?#27005;しみあたい初級者に声をかける女性もいる。必死に何かを説明している。純朴な青年は、立ち去ることさえできず?#27515;Г盲?#38996;で立ちすくんでいる。そんなこ?#21462;ⅳ蓼い勝筏恕?#22899;はなかば強引に名前かなにかを聞こうとしている。路上バ?#21435;毪撙郡い使?#26223;が、繰り広げている。

                     空の乳母車を押した男は、笑顔で赤ちゃんを前に抱えた妻?#28982;?#35441;しながら歩いている。けだるい朝をのんぶりと起き、ぼーととした頭で借りていたレンタルビデオでも見ながらカウチしていた新婚時代の男とは見違えるような変身ぶりだ。生まれて来た子供のために、人生のすべてを捧げる時期である。眼に見えてわかる行動をする時期である。私も、毎週末あてもなく街に繰り出し、当てもなく歩き、食事ができる店を探し、子供ために計画を立ててものだと苦笑してしまった。

                     原宿の神宮前交差点には、外国人の姿も多い。なに人かはわからないが、白欧系?#21435;ⅴ弗?#31995;の観光客の姿を眼にする。田舎町には、中東系?#21435;芝楗弗?#31995;などの労働者が多く、住人であるから街と同化しているが、ここには観光客しかいないので、違和感がある。明らかにアウエー感のある感じで歩いている。いわゆる外人だ。まったく危険性のない日本の生活に慣れていない感じある。親切で、無口で、笑顔を欠かさない日本人は、彼らにとう映っているのだろうか。

                     群れの中でも信号を守り、ルールを守る日本の街は、街がディズニーランドのように清潔で、統率のとれた集団のように映るのかもしれない。生物は、多様性があるから成立すると言われている。いろいろな種類の生物がいる。どれひとつとっても、無駄なものはなく、必要だから生きている。必要としなくなるといなくなる訳でもない。街に繰り出す?#21462;?#27096;々な人たちがいて、様々な行動をしながら生きていると実感する。整然と動いているように見えて、自由な動きをしている。私は、街にいると生命の大切さを実感する。(kazumi inoue)

                    この記事が気に入ったら
                    いいね ! しよう

                    Twitter で
                    11选5任3必中计算方法 三码中平特 江苏快三图标 p3走势图和值和尾 楚天风采30选5开奖 北京赛车开奖结果查询 内蒙古十一选五玩法表 轮滑冰球场 pk10牛牛计划 极速时时彩结果 广东福彩36选7开奖图表 福彩18选7走势图 幸运赛车稳赚技巧 体彩江苏7位数的玩法 辽宁福彩快乐12软件 136期开奖码报